« F1 ヨーロッパグランプリ | トップページ | yahoo! »

北半球の降水量増加、人為的活動が影響…

何だか悪そうな話があるもんで。化石燃料の燃焼に伴う温室効果ガスの排出など人為的な活動が、20世紀中の降水量の変化に大きな影響を及ぼしていたとみられることが、日米などの国際研究グループのコンピューターによる分析でわかった。

 26日付の英科学誌ネイチャーに発表される。

 研究グループでは、1925~99年までの75年間の観測値を基に、温室効果ガス排出など人間の活動による影響のみを考慮した気候変動モデルと、火山からの粉じんの排出、日射など自然の影響を、人間活動に加えたモデルによる降水量の変化の違いを比較した。

 その結果、温室効果ガスなどの排出が多い北半球の中緯度(北緯40~70度)では、過去100年間で年間降水量が62ミリ・メートル増加したうち、50~85%が、人為的な要因とみられることがわかった。逆に、北緯0~30度の亜熱帯、熱帯地域では、年間降水量が98ミリ・メートル減る乾燥化傾向があり、そのうち20~40%が人間活動に伴う影響と分析された。

« F1 ヨーロッパグランプリ | トップページ | yahoo! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

化石燃料の燃焼に伴う温室効果ガスの排出って、車の排気ガスなのか?それだけじゃないのかな?具体的に人間は何をすれば温暖化や降雨量の変化を抑える事が出来るのかを知るべきだ。

温暖化は、エアコン関係や、排気ガスなんかを抑えれば進行スピードを落とす事が出来るようだが、あくまで「ようだが」のレベルでしか認識がないのが本当のトコじゃないかな?

トラック野郎の仮眠アイドリングがマジでムカツクぜ。

投稿: 裸草履 | 2007年7月24日 (火) 16時05分

でも、原因が判れば、いもさんのチカラに頼らずとも特定の地域に雨を降らせる事ができるカモしれないね。

投稿: た | 2007年7月25日 (水) 00時35分

北緯0~30度の亜熱帯、熱帯地域では、年間降水量が98ミリ・メートル減る乾燥化傾向があり。ってあるけど。世界中の、いもさん的な人に集まってもらったら。雨ふるんだろうか?降って欲しいやら降らないで欲しいやら。。不安と期待だね。しかし何故不安と期待同時に思う事があるんだろうか?それも不思議な話だ。

投稿: ま | 2007年7月25日 (水) 02時04分

いや、いもさんなら1人で十分地球を救えるレベル。

投稿: 裸草履 | 2007年7月25日 (水) 11時27分

いや、きっといもさんが居るところで降っている分、他が乾いてるんだよ。

温暖化ガスの影響で雨量が増えるってのは、化石燃料が原因と置き換えたら、火事場に雨が降る、みたいなノリだねぇ

投稿: た | 2007年7月25日 (水) 15時12分

この記事へのコメントは終了しました。

« F1 ヨーロッパグランプリ | トップページ | yahoo! »